葉酸の効果

≪ 妊娠したい!を応援 ≫ 妊活サプリメント人気ランキング

葉酸の働きと効果・効能について

ビタミンB群の一種である葉酸はビタミンB12と一緒に赤血球の合成に必要な成分で、造血のビタミンとも呼ばれています。

体内では腸内細菌によって生成されるため、日常生活では不足することはありませんが、妊娠初期や妊娠中は、妊娠していない時の2倍近い量の摂取を厚生労働省が推奨しています。

妊娠をすると、ごく初期の間に脳や脊髄といった器官が形成がされ、その器官の形成に葉酸は必要な栄養素です。

この時期に葉酸が不足すると先天性異常のリスクが高まるといわれています。

葉酸などの鉄分が妊娠中に必要だといわれるのはこのためです。

しかし、妊娠した時期を正確に知ること・予測することは難しいため、妊娠を希望している女性は妊娠をしてからではなく、その前から摂取することが望ましいとされています。

葉酸は水溶性ビタミンのため、茹でるなどの加熱の調理によって損失しやすいため、野菜やフルーツなどから摂る場合は生の状態から補うと良いでしょう。

葉酸が含まれる食品

レバー・ほうれん草・菜の花・モロヘイヤ・アセロラ・大豆・納豆・卵黄・牛乳

葉酸に関係するキーワード

妊娠・胎児・先天性異常・神経管閉鎖障害・葉酸欠乏